身近にある法律トラブル

皆さんは、法律トラブルというと、自分と関係ない
と思われるかもしれません。

しかしながら、日常生活の中で、法律トラブルに
発展する可能性のある問題は、多数あります。

そのような時に身近によく知っている弁護士が
いたら、心強いと思いませんか。

弁護士というと、意識が高いと感じるかもしれませんが、
弁護士は裁判だけをやっているわけではありません。

むしろ、それ以外の法律業務の方が圧倒的に多いのです。

一般的にドラマや映画などで描かれる弁護士というのは、
法廷に立って正義のために戦っているイメージが強い
のではないでしょうか。

しかしながら、現実の弁護士像というのは、もっと日常的な
法律トラブルを解決しようとしていることの方が多いのです。

離婚や相続、交通事故や借金はたまた労使紛争など
様々な問題に関わっているのです。

そう考えると、弁護士というのは、法律問題で困っている人を
総合的にサポートするサービス業といえるでしょう。

サービス業であるということは、個々の弁護士によって
問題への取り組み方もかなり変わってきます。

そのような意味で身近に親切に法律問題に関して、
アドバイスをくれる町医者のような弁護士が
これからの社会には必要とされているのです。